美容外科医師の収入

同じ医師でも、診療科目によって収入は異なってきます。
もちろん、勤務医か開業医かといった違いによって、あるいはそれぞれの医師の能力などによっても大幅に変わってくるのですが、診療科目に限って見てみれば、美容外科医師として活躍する医師ほど多くの収入を得ている人はいないのかもしれません。

美容外科医師の平均年収は2000万円とも3000万円とも言われています。
これは開業医も合わせた額ですが、調査によっては4000万円以上が平均であるとも言われているため、やはり他の診療科目とはかなりの差があることがわかります。

開業医であれば、5000万円から1億円の年収を得ることも不可能ではないでしょう。
日本にも有名な美容外科クリニックが存在していますが、全国に院を構えている、いわばチェーン店のような形態もあり、その創業者ともなれば桁違いの高収入となることは言うまでもありません。
そういう意味では夢のある分野と言えるでしょう。

美容外科は他の診療科目より非常に高収入

美容外科医師を募っている求人情報を見ても、非常に高収入が期待できることがわかります。
年収1000万円を下回る求人を探す方が難しく、年収2000万円以上の求人も珍しくはありません。
求人サイトで取り扱うこの分野の求人をチェックしてみても、平均年収は1500万円ほど。

他の診療科目であれば、同じように求人をチェックした時の年収は1100万円から1200万円程度が平均額ですから、相対的に高い給与額が提示されていることは間違いないでしょう。

医師が不足しがちな地方では給与額が高く、都市部ではあまり高くならない傾向が医療業界にはありますが、この美容外科の分野に関してはそれも当てはまりません。
美容施術やそれに関連した手術を受ける人は都市部に住んでいる傾向が強く、そのため、クリニックも都市部に集中しています。
そうしたエリアで医師を取り合う形になるわけですから、都市部にあるクリニックの求人にこそ、好待遇が提示されていると言えます。

美容分野で経験のない医師でも挑戦する価値がある

また、外科手術といっても、美容の分野ではそこまで難しい技術を必要としません。
医療事故が全くない分野であるとは言いませんが、最低限の技術を持ち、研修等もしっかりと受けていれば、多くの医師が問題なくこなせる施術・手術ばかりです。

そのため、全くこの領域での経験のない医師であっても、最初から上で示したような年収を手に入れられる可能性があります。

新たな分野に挑戦したい、将来性のある診療科目に移りたい、すぐに成果や患者さんの満足を感じたい、そのような考えを持っている医師にとって美容外科医師は魅力的な立場となるのかもしれません。

  • 1